全分子フコイダンエキスの効果が癌患者のブログや口コミで評判に!ホント!?

全分子フコイダンエキスの効果とは!?なぜがん患者さんの口コミで評判に!?

日本癌学会の学術総会で発表!

札幌医薬研究所で生まれた『p53誘導体DBグルコース』配合の全分子フコイダンエキスの詳細です。

p53誘導体とは?

p53誘導体とは、シンゲンメディカル株式会社が創業以来重ねてきた、がん補完医療の研究により開発することができた、がん補完医療の複合体成分です。

ヒバマタ海藻からごく微量に抽出できる高水準のフコイダンを主体に「全分子フコイダン・フコース・フコキサンチン・DBグルコース」で構成されています。2015年に開催された第74回日本癌学会学術総会において、その有用性が発表されました。

p53誘導体DBグルコースとは?

シンゲンメディカル札幌研究所 高橋延昭 所長により発見された、p53誘導体の重要な構成要素の一つです。

p53遺伝子は、一つ一つの細胞内でDNAの修復や細胞の増殖停止、アポトーシス(細胞の自滅)など、細胞増殖サイクルの抑制を制御する機能を持ち、細胞が「がん化」したとき、アポトーシスを起させる遺伝子であるとされています。この遺伝子による機能が不全となると「がんが起こる」と考えられていて、いわゆる「がん抑制遺伝子」のひとつなのでした。

p53は遺伝子(ゲノム)の守護神とも呼ばれ、p53が欠損したマウスでは、生後早い段階で、極めて高い頻度で腫瘍の発生を認めることができました。このことからも、p53遺伝子はがんを抑制するアポトーシスを誘導させるために、非常に重要な遺伝子であることが分かります。

がん細胞はエネルギーを産生する際に、正常細胞よりも多くのグルコース(ブドウ糖)を必要とし、反対に正常細胞よりも酸素を必要としないことが分かっています。これを応用したのが、がんのPET(ペット)検査です。

p53誘導体DBグルコースとは、グルコースを基盤とした独自成分で、増殖を繰り返すがん細胞の成長を阻止する、癌(がん)細胞増殖抑制作用が期待される重要な成分でした。

マウスによる臨床試験では、「p53誘導体DBグルコース」を与えた一群において、W14固形がんの成長を100%阻害するという驚くべき結果が得られたのです。

全分子フコイダンエキスとは?

学会でも有用性が発表されたp53誘導体を含有する、唯一のフコイダン製品なのでした。

フコイダンとは、コンブやワカメのメカブ、モズクといった褐藻類の海藻だけに存在するヌメリ成分のことで、水溶性の食物繊維の一種です。

1913年にスウェーデンのウプサラ大学、キリン教授がコンブのヌメリ成分のひとつとして発見しました。当時はフコイジンと命名されましたが、その後、国際糖質命名規約によって「フコイダン」と呼ばれるようになったのです。 フコイダンという名は同一構造の物質につけられたのではなく、主な成分がフコースである高分子多糖類の仲間の総称として使用されて来ました。現在は、多方面での研究が行われていて、「抗がん作用」「血圧低下作用」「抗ウイルス作用」「コレステロール低下作用」と、さまざまな生理機能が解明されて来ています。

全分子とは、高分子・低分子・超低分子の、全ての分子のサイズを兼ね備えていることを意味していて、p53誘導体とは、全分子フコイダンエキスを構成する重要な複合成分体の名称でした。全ての分子領域を網羅した全分子フコイダンを中心に、学会発表成分のDBグルコース、フコキサンチンで構成され、成分単独では得られないレベルの高い相乗作用を目指しています。

どの研究・開発者も一つの成分が万能であるかのように錯覚しがちです。

しかし、シンゲンメディカルでは「万能な成分」は存在しないと考えて来ました。そのため一つ一つの成分の臨床実証試験を繰り返し、最も必要とする成分は何なのかを真摯に追求して来ました。その成果がp53誘導体だったのです。

全分子フコイダンは、30万レベルの高分子フコイダン、500〜700レベルの低分子フコイダン、500以下の超低分子フコイダンの全ての特性を兼ね備えています。高い活性力とスムーズな吸収性を兼ね備えた、これまでにない画期的なフコイダン製品なのでした。

あなたに合わせて選べます

全分子フコイダンエキス 2000

今すぐ必要な方におすすめの最高濃度エキスです。
定期割引価格48,600円(+税)6ml×28包/1セット

全分子フコイダンエキス 1000

未来へ希望をつなぐスタンダードタイプのエキスです。
定期割引価格32,400円(+税)6ml×28包/1セット

全分子フコイダンエキス 500

経過観察などに併用していただき、5年後の健やかな毎日を目指すエキスです。
定期割引価格16,200円(+税)6ml×28包/1セット

※一度に1包ずつ食前30分前を目安にそのまま開封してお召し上がりください。4週に1度のお届けとなります。

●あなたの病期(ステージ)や症状に合わせてお選び下さい。

癌治療学会で発表!全分子フコイダンエキス販売サイトへ

全分子フコイダンエキスの効果が口コミで評判!がん患者が知っておきたい6つのチカラとは!?

セカンドオピニオンのチカラ

誤解されてはいませんか?

「セカンドオピニオン」と言う言葉はご存知でしょうか。あなたをがんと診断した担当医(主治医)以外の、別の医師から治療に関する客観的な意見を求めることです。あなたがお考えになっている以上に、誤診や間違った治療法が数多く行われてきたからでした。

ある病院で悪性腫瘍と診断された患者さんが実は良性であったり、もはや治療法がないと宣告されたがん患者さんが、別の病院で適切な治療を受けて延命していたりするのも、医療者なら誰もが知る驚きの事実です。

胃、肺、大腸、肝臓、乳がんなどの、圧倒的に患者さんの数が多い部位については、自然と各病院の症例や医師たちの治療実績も増えて行きます。つまりは数をこなしている分、専門医としてのスキルも高い場合が多いのでした。しかし、眼科や耳鼻咽喉科など、がん患者さんそのものを診る機会が少ない医師たちの場合にはそうは行きません。中には、ほとんどメスを握った経験のない医師も少なからず存在しているのです。

能力の低い経験不足の医師、やる気のない知識不足の医師、患者さんを所有物のように扱う医師など、院内で疑問符の付けられているダメ医者も、身近な一般社会の割合に比例して平然と働いています。

もしも自分の担当医が示した治療方針に疑問や不安を感じるのであれば、セカンドオピニオンによってその不安を払拭出来るかも知れません。念のために付け加えますが、医師の顔色をうかがう必要はないのです。自身の治療方針に確信のある医師なら、今や常識とも言えるセカンドオピニオンに顔色を変えることもありません。堂々と申し出て下さい。

しかし、セカンドオピニオン自体を誤解している人が多いことの方が問題なのです。

セカンドオピニオンとは、他の病院で他の医師の診察を新たに受けることではありません。あなたの担当医が現在行っている、又は、これから行おうとしている治療方針が、がんの病期(ステージ)や症状と照らし合わせて適正であるかどうかを、第三者の医師に判定して貰うための仕組みなのでした。セカンドオピニオンを受けた医療機関への転院を前提にしているものでもありません。あなたの担当医が用意した検査結果や診断の内容などを客観的に診て貰い、それらに対する率直な意見を聞かせて貰うのです。つまりは、あなたが納得して治療を受けられるように、担当医への疑心暗鬼を取り除くためのシステムなのでした。むしろ積極的に利用して、無用な心配を振り払っておくべきでしょう。

※セカンドオピニオンを受ける際は、必ず上位にある医療機関を希望して下さい。例えば、国立大の付属病院や国立がんセンターなどです。金額的には、30分で10,000円〜30,000円(+税)が実費でかかります。また、あなたが通院している医療機関が総合病院であれば、予約などの面倒な事務手続きも代わりに行ってくれますので、あらかじめ金額を確認してみて下さい。上位にある医療機関の医師たちが、より多くの難しい症例に接し、最新の治療に関する情報を得ていることは確かです。

公的助成金制度のチカラ(がんの治療費)

現代は「がん保険」も充実していて、治療費に関してはさほど困らない人も大勢おられると思います。しかし、年金受給の高齢者で身寄りのない人や、シングルマザーで小さなお子さんのいらっしゃる人、あるいは既に多額の借金を抱えて返済に追われている人など、お金の問題でがんの治療をためらう人も沢山おられるのではないでしょうか。

まずは、総合病院の医療ソーシャルワーカー(社会福祉士)に相談してみて下さい。もちろん、相談は無料です。何度ご相談に行かれても構いません。

彼らは「行政手続き」などのスペシャリストです。お金の問題に関する専門家でもあるのでした。今のあなたの状況に合った最善の支払い方法を、あらゆる角度から検討してアドバイスしてくれます。

私たちを取り巻く社会には、知らなければ損をする制度がいっぱい存在しています。例えば介護保険なども、末期のがん患者さんの場合は、高齢者以外でも手続きすれば直ぐに適応されます。在宅での療養介護を余儀なくされた時など、低額で介護用ベッドをレンタル出来たり、ヘルパーさんの力を借りたりすることも可能となるのでした。

大きな病院であれば、ソーシャルワーカーの助言で「治療費の分割払い」も聞き入れて貰えるでしょう。あくまでも病院の使命は患者さんを治すことです。お金がないなら治療はしない。公的な病院に、そんな理屈は存在していません。安心してご相談されるべきと考えます。

健康保険の「高額医療費制度」をご存知ですか?

加入している健保で申請を行えば、月々に支払った一定額以上の自己負担額が戻って来る仕組みのことです。収入などによっても上限額が変わって来ますが、保険適応となる標準治療等であれば負担がぐんと軽くなるはずです。又、12カ月の間に3カ月以上の高額医療費の適応があれば、4カ月目からの自己負担額はさらに大きく下がります。

※勤務先や市区町村の窓口へ申し出て下さい。あらかじめ「限度額認定証」を受け取って病院に提出しておけば、毎月の請求が上限額のみとなり高額な支払いの心配がなくなります。

休職中に社会保険から受け取れる手当金も含めて、まずは医療ソーシャルワーカーの相談窓口を訪ねてみましょう。彼らは医療全般(治療法や薬など)に関する知識も豊富に持っています。

患者会のチカラ

同じがん種の患者さんたちのつどいです。

主に現在も治療中や経過観察中のがん患者さんたちが、自ら運営している同志の会と考えて下さい。インターネットで検索してみると、一つのがん種に対して大変多くの患者会が存在していることが分かるでしょう。全国規模の会から、同じ病院に通う人の集まりまで実にさまざまです。

治療中の患者さんたちが中心となっているだけに、目的とするところや運営方法も多種多様に枝分かれしているのが現状です。当初は「学び合い」「語り合い」「助け合い」の場であったものが、会が膨張するに従って社会的な存在意義まで模索するようになり、行政に対してがん患者の地位向上を求める、統率された組織的な団体さえも生まれて来ました。

しかし、あなたに合った患者会と出会うことができたなら、これほど心強く感じることはないかも知れません。がんサバイバー(治療体験者)の知識や経験、治療での苦労話や克服談など、大いに参考となるに違いありません。あなたの悩みや悲しみを聞いて貰うだけでも、夜がぐっすり休めるようになるかも知れないのです。医師からは決して聞けない裏話も、目からウロコが落ちるような役立つ情報も、自ら患者会に足を運ぶことで、あなたの闘病生活や生きる気力への確かな一助となるでしょう。

他にも、ピアサポーターと言って、ボランティアでがん患者さんを支えてくれているグループがあります。ピアとは「仲間」のこと。メンバー自身が「がんサバイバー」で、個人的な経験談だけでなく、専門的な知識まで学んで習得しているのでした。近年は医療機関の側の理解も進んでいて、ピアサポーターと患者との面談の場を設けるようになって来ています。より具体的で実践的な情報を得られるかも知れません。

※同項目でまとめましたが患者会ではありませんので、面談に時間制限もあり区別が必要です。

緩和ケアのチカラ

身体科の医師(外科医など)と精神科の医師とを中心にして、薬剤師、管理栄養士、リハビリ専門の作業療法士や理学療法士、臨床心理士などがチームを組んで、がん患者のための“緩和ケア”を行ってくれます。この他にも、がん独特の痛み(がん性疼痛)を和らげる“疼痛コントロール”の資格を持った認定看護師や、リンパ浮腫(むくみ)をケアする認定看護師、それに緩和ケア全般をフォローする認定看護師などが参加する場合もあります。

担当医の行う治療とは異なり、各病棟の看護師長に申し出ることで、専門的なケアが受けられるのでした。

知識不足や経験の浅い医師の場合、訴訟などのリスクを恐れて、痛みを取るための医療用麻薬(オピオイド)や痛み止め薬を十分に処方してくれないことが多々あります。ひたすら患者さんが我慢する時代ではありません。緩和ケアを利用することで、あなたの体の負担をぐっと軽くできるのでした。

痛み以外でも、不安で夜が眠れない、食事が喉を通らないなど、手術前後の不安定な状態も適切に対処してくれます。担当の看護師にたずねてみれば、あなたの病室まで緩和ケアチームが訪問してくれるでしょう。

「緩和ケア(ホスピス)病棟」

まず、譫妄(せんもう)についてご紹介します。

錯覚や幻覚が多く、軽度の意識障害を伴う状態。アルコールやモルヒネの中毒、脳の疾患、高熱状態、全身衰弱、老齢などに見られる。(広辞苑)

ホスピスでの日常的な光景として、脳への転移(メタ・metastasis)による譫妄があります。幼児のようにふるまったり、いきなり大声で怒鳴り散らしたり、中にはテレビ台の上によじ登ったりする患者さんも実際にいるのです。

弄便(ろうべん)と言う言葉はご存知ですか。

読んで字のごとし、自分の排泄した大便を弄(もてあそ)ぶことを指しています。まさかと思われるかも知れませんが、大きな玉に丸めて、枕の脇に並べる患者さんも珍しくありません。

そんなすさまじい終末期医療の現場が緩和ケア(ホスピス)病棟なのでした。

もちろん一部の患者さんのみが壮絶なのであって、安らかに天寿を全うされる人も大勢います。ご自身の望む穏やかな最期を迎えられるように、専門病棟への入院と言う形で緩和ケアだけを受けるのです。がんの痛みを取る以外、延命のための治療は原則として行われません。自然、余命わずかな末期のがん患者さんが入院患者の中心となるのでした。

独立した建物である場合や、院内のフロアを区切っている場合もあります。常に満床のホスピスもあるため、予め見学をするなどして状況を確かめておく方が良いでしょう。

あくまでも、あなたらしい日々を過ごすための選択肢の一つと考えて下さい。余命三か月以内の宣告がなければ、入院できないホスピスもあります。病院の態勢によって受けられる緩和ケアにも差異がありますので、自身の希望するQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)に合ったホスピスを選ぶと良いでしょう。

チャプレンと言って、あなたの心の声に耳を傾けてくれるキリスト教の聖職者の訪問を受けられる病院もあります。

しかし、最期を迎えるためだけの場所では決してありません。適切な緩和ケアを施されて元気に退院して行く患者さんも沢山いますので、ホスピスへの入院を勧められることが”最期”なのだと一人で勝手に早合点しないで下さい。

繰り返しになりますが、つらい自分を我慢する時代ではなくなりました。前向きな気持ちで、せっかくの緩和ケアを進んで受けられてみてはいかがでしょうか。

がん相談支援センターのチカラ

全国の「がん診療連携拠点病院」に設置されています。国内のどんな地域に住んでいても、質の高いがんの治療が等しく受けられるように、厚生労働省がその拠点となる病院を指定しているのです。もちろん指定された病院側にも多くのメリットがありますが、様々な義務も課せられているのでした。その中にがん相談支援センターの設置が含まれています。

通常は平日の午前9時〜午後4時30分の時間帯でがんに関する相談を受けています。

入院中か通院中か、あるいは院内の患者さんか他院の患者さんかも問いません。がん患者さんの家族や親戚、仕事場の同僚や知人の立場であっても無料で相談をすることが出来ます。どんなささいな悩みでも、門前払いされることは絶対にありません。健康な方が「がんの知識を学びたい。」と言う理由で利用しても、がんに関係していれば全く問題はないのです。匿名の電話相談もOKなのでした。

前述の医療ソーシャルワーカーと協働で、“何でも相談室”のような形で開設されている病院もあります。そうではない場合でも、ベテランの看護師などが、専任として相談業務を行っているのです。

面談には個室が用意されていますので、第三者にプライバシーを侵害される心配もありません。又、本人がそう申し出れば、あなたが治療方針に疑問を感じて相談に訪れたことが担当医に伝わる怖れもないのです。

入院のこと、手術のこと、治療のこと、抗がん剤や放射線療法のこと、食事のこと、在宅介護のこと、緩和ケアやホスピス病棟のことまで、疑問や不安、医療機関への不満や医師との関係なども、がんや治療に関係してさえいれば何でも相談できます。もちろん、手術のリスクや薬の副作用に関する知識、心の問題やお金の問題、リハビリや食事の摂り方、医療用ウイッグや乳房再建に関するアドバイスも、がん相談支援センターが窓口となって、それぞれの専門家と直接話せるよう手配してくれるのでした。先進医療に関する最新の情報も、センターでは詳細に把握してくれています。

自分一人だけで何もかも抱え込むのではなくて、「がんのプロたち」の力を借りて、あなたやご家族が治療に専念できる環境を一緒に作って行きましょう。

先進医療と治験のチカラ

厚生労働省が定める先進医療についても、大きな誤解が生まれています。先進医療とは、あくまで「現段階では治療の効果があるかどうか確定していない治療法」のことで、すでに各医療機関で行われているガイドラインに沿った治療法(標準治療)の方がより優れている場合もあるのです。このため「健康保険」が適応されません。数百万円もの大金を患者に支払わせておきながら、全く効果がなく、途中で打ち切りとなった治療法も少なくはないのでした。さらに言えば、希望すれば誰でも受けられると言うものではなくて、標準治療を終えていること、他には治療法がないこと、病期や年齢などを総合的に評価して、治療を行う医療機関の側が受け入れの可否を判断します。80歳以上の高齢者の場合、問い合わせの段階であっさり断られることも多いでしょう。

治験とは、医療機関や製薬会社が中心となって行う臨床試験の一つです。患者は二つのグループに分けられ、一方には効果を確認したい新薬を、もう一方にはプラセボまたはプラシーボと呼ばれる“偽薬”を与えます。自分がどちらのグループなのかは絶対に知らされません。これは「新薬=効果がある」と言う患者の先入観を排除する為で、薬の正しい効果に患者の高揚感や期待感が反映するのを避ける目的でした。以上の理由から、治験に参加する場合は費用が一切かかりません。医療機関自身や製薬会社が全額を負担してくれます。がんに関する治療法は本当に日進月歩なので、こうした情報を担当医やがん相談支援センターなどで入手して、積極的に利用するのも一つの方法です。治験はボランティアの意味合いが強い為、あなたのがんの種類や病期、顔つき(がんの状態)や症状などによって参加できる可能性は十分にあるでしょう。但し、偽薬を投与される怖れが2分1であることはあらかじめご理解しておいて下さい。

「奇跡の治療法」の裏側にあるもの

残念ながら現在に至っても、完全にがんを撃退できる治療法は確立されていません。しかし、世間には「がんが治った!」「がんが消えた!」などの広告や口コミがあふれかえっているのも事実です。

保険医の制度をご存知ですか。

各都道府県知事が認定する制度で、健康保険に加入している患者さんを診療できる資格のことです。診療報酬の不正請求や悪質な医療行為により、この資格を取り消されてしまう医師や歯科医師がいるのでした。医師免許まで剥奪されることは稀で、自分で全額を支払うことの可能な患者であれば診療することができます。つまりは、高額であっても是非そこで治療を受けたい。そんな患者を自力で多く集める為の、驚くべき“目玉”の治療法がなくてはならないのでした。さまざまにお金をかけて宣伝される「奇跡の治療法!」には、こうした背景が隠れていることも知っておくと良いでしょう。

このページからも『全分子フコイダンエキス』オフィシャルサイトへリンクが貼ってありますので、ご紹介した基礎的な知識を参考に、癌学会で有用性の認められた確かな情報を是非じっくりとご覧になってみて下さい。

全分子フコイダンエキス利用がん患者の効果への口コミや評判、やや辛口のコメント

「大腸がんの手術を受けて丸2年経ちました。私の場合、今はストーマと言う人工肛門を着けて生活しています。やっぱり一番怖いのが再発ですね。医療関係者の間では、再発イコ−ル末期と考えていると聞きました。まだ六十代なので、これから妻とシニアを楽しむつもりでいます。フコイダンエキスは呑んでいない時との比較ができませんが、現在のところ裏切られてはいません。気休めかも知れませんが、霊感商法みたいな誘いに惑わされたくないので、できるだけ長く続けて行くつもりです。」(60代男性/横浜市)

「4年前に右の乳房を全摘し、1年前に左も失いました。今度は子宮体がんだそうです。今になってようやく、自分は腫瘍のできやすい体なんだと自覚しました。でも、生きていたい。娘が高校に入学したばかりなんです。まだ自分の部屋さえまともに片付けられないんです。私がいなければ、朝だって一人じゃ起きられない。大好きなカレーだって食べさせて上げられなくなってしまうんです。どうしても、何が何でも生きていてやりたい。だから経済的にはかなり厳しい金額ですが迷いませんでした。まずは手術日までが勝負と思っています。せめて卒業式まで、いえ、成人式まで、結婚式だってもちろん出席してやりたい。私には、がんと闘わない選択肢なんて絶対にあり得ません。」(40代女性/仙台市)

「あたし、死んじゃうかも。三年前に博多へ嫁いだ娘が電話口の向こうで泣き崩れていました。若年性の卵巣がんがこんなに恐ろしいと知ったのもその時です。私たち夫婦の人生も、満面の笑みで初孫を抱いていた彼のご両親の人生も大きく変わりました。予後一年と言われています。今はただ奇跡を信じるしかありません。娘は、孫のためにいっぱいの思い出を遺そうとしています。見守る私たちの想いは言葉にできません。フコイダンエキスはしょせん一縷の望みに過ぎませんが、もう手術もして貰えない娘と私たちの心の支えになってくれています。」(50代女性/鹿児島市)

 
癌治療学会で発表!全分子フコイダンエキス販売サイトへ

このページでは、がんで闘病中の方々が安い価格や治療費で通院や通販の申し込みが出来るように、楽天やamazonなどのショッピングモールの販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料、代引き、コンビニ後払いOKで購入出来るかどうか、無料、お試し、トライアルキッド、トライアルセットがあるか、ポイントはあるか、値引きはあるか、返金、返品保証、保障はあるか、などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャルやCM、コンビニ、専門店、動画などを情報源に、Twitterの口コミ、facebookのクチコミ、ブログ、レビュー、がん、癌、ガン、乳がん、子宮がん、大腸がん、肺がん、卵巣がん、膵臓がん、舌癌、鼻がん、食道がん、胃がん、肝臓がん、胆管がん、胆がん、腎臓がん、悪性リンパ腫、白血病、上顎がん、直腸がん、末期、ステージ4、再発、再燃、抗がん剤、放射線療法、化学療法、手術、腹膜播種、転移、サバイバー、ケアギバー、免疫低下、若年性、ドレナージ、リハビリ、緩和ケア、経過観察、全身に転移、脳メタ、譫妄、人工肛門、癌治療学会、癌の種類、症状、心、希死念慮、オピオイド、モルフネ、ロキソニン、医療用麻薬、治験、先進医療、健康保険、混合診療、高額医療費、予後、余命、病期、民間療法、ホスピス、不安、眠れない、がんに効く、がん学会、医師、看護師、ソーシャルワーカー、臨床心理士、担当医、主治医、標準治療、厚生労働省、医薬品、薬、治療薬、治す薬、特効薬、対処療法、がん性疼痛、がんの痛み、リンパ浮腫、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲み方、作り方、服用方法、レシピ、サプリ、ケア、子供、女性、原料、材料、素材、安全性、有効性、天然、自然などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、効能、結果、成果、簡単、手軽、メリット、デメリット、男性、メンズ、10代、20代、30代、40代、50代など、ケースによっては人気ランキング形式などで比較しておすすめして行きます。オークション情報(ヤフオクなど)、在庫、在庫有り、即納、正規、正規品かどうか、YouTube、動画、NAVERまとめ、癌研有明病院、国立がんセンター、大学病院、がん研究所、がん情報、がん拠点病院などからの情報やテレビ、雑誌、がん専門誌の記事についても調査して行きます。

ライブチャットを始めるには?はコチラ